アンコールワットのサンライズで緊急事態

昼のアンコールワットもいいけれど、せっかくなのにサンライズを見もせず帰れるか!という事で、ホテルのフロントに尋ねると、この時期の日の出時間はAM6:30頃との事。

ホテルでサンライズ見学のみ8ドルのトゥクトゥクを予約して、AM5時出発予定。

翌朝は気合を入れて4時起きで5時10分前にホテルのロビーへ。

しかしそこにいるのは、殆ど寝ている状態のホテルの留守番員のみ。

他の旅行客はいないのかな?サンライズを見なきゃ帰れないでしょうに。
 
そして時計の針が5時を指すかどうかの頃合に、ホテルのロゴ入りTシャツを着た青年がロビーへ入って参りました。
 
留守番の従業員が青年へ私を指さす。あら?もしやこの人がドライバー?
実際そのようで、外に止められたトゥクトゥクに乗るよう促され、暗闇の中を一路アンコールワットへと向かいます。
 
前日までに乗ったトゥクトゥクより気持ちクッションが効いているようで、快適気分でシェムリアップの街を疾走。道には観光客を乗せたトゥクトゥクが何台も連なっています。
 
皆アンコールワットへ行くんだろうな。
 
さあ到着、暗闇のアンコールワット。
殆ど真っ暗で足元が危ないので、入り口ではペンライトを売る若者達が数人。
しかし今ではスマホにライトが付いてますから、皆携帯のライトを頼りに進むばかりでペンライトは全く売れてないようでした。
定番である池の前の撮影スポットには、早くも結構な人数が。
徐々に明るさを増すアンコールワット。
晴れて良かった。
 そして遂に左端に太陽が。
御光来と共に湧き上がる歓声、来て良かったと心から思えた瞬間。
 
あー素晴らしかった満足満足と感動のサンライズも見終えまして、さて帰るかと後ろ髪を引かれる思いでトゥクトゥクの待ち合わせ場所へ向かったところ、ここで思わぬトラブルが!
 
何と何処を探しても乗ってきたトゥクトゥクが見つからない…
 
待ち合わせ場所と違う所を探しても見当たらない…
 
ヤバイ、しかも日が昇って暑くなってきた…
 
しかもこんな時に限ってドライバーの電話番号も聞いてない…
 
 かれこれ30分、いや一時間近くも探し、ペットボトルの水を1本飲み干し疲れ切ったところで、いい加減違うトゥクトゥクで帰ろうと辺りを見回しますが、迎え待ちの車ばかりで乗せてくれるような車が見つかりません。
 
またまた辺りを探索し、漸く1台の空きトゥクトゥクを見つけた頃には、ホテルまで5ドルと言われても値切る気力さえありませんでした。
 
そんなこんなで最後にミソの付いたサンライズ見学でしたが、
感想としては、やはり見て良かった、アンコールワットに来て良かったと心から思える素晴らしい遺跡でした。
スポンサーリンク

フォローする

Translate »