ソフトバンク光のBBユニットをWMTA2.2から2.3へ交換してもらった

ソフトバンク光

最近自宅でのネット状況が悪すぎまして、遅いどころか繋がらなくなる事も度々。

まあWi-Fiを開くと今まではなかったアクセスポイントがわらわらと湧いていたので、理由は混信なんだろうなとは思いながらも、Macのワイヤレス診断をしてみると、

5GHzで繋ぎなさいと。

「え?」

家ではソフトバンク光を使ってWi-FiのみでPCやスマホに接続しているのですが、その光BBユニットの型番を確認してみると、E-WMTA2.2

そこんところを、いつもお世話になっているグーグル先生に聞いてみましたところ、どうやらこの2.2は2.4GHzにしか対応しておらず、11acや5GHzに対応しているはE-WMTA2.3らしい。

これじゃWi-Fiも遅いわな。

しかしこの2.3ですら出たばかりの最新型という訳でもないようで、なぜ今年ソフトバンク光に加入したばかりなのに2.2なんて物を使わされているのかが意味不明。

それにネットが遅くなったのは数日前からなんだけど…

まあでもMacのワイヤレス診断では周りにあるの2.4GHzばかりだから5GHzにすれば改善するかもねと、早速ソフトバンク光のサポートセンターに電話をすると、あっさり2.3に交換しますとのご返答。

これが金曜日で、月曜の今日、新しい光BBユニットE-WMTA2.3が届きました。

設定いらずなのでルーターに繋いで電源アダプターを差し込めば終了。

こっちはSSIDが2.4GHzと5GHzふたつあるんですねえと変な感心をしながらiPhoneやMacに5GHzで接続してみますと、もうこれスピードを測る必要もなく早いです。体感でこれなら測る事もなく十分です、Youtubeだって止まりません。

ソフトバンクさんありがとう!

いやちょっと待て、感謝するのはおかしいな、最初からこれ YOKOSEYO!

スポンサーリンク

フォローする

Translate »