XEMをPCウォレットに保管「Nano Wallet」作成が簡単すぎた

先日のコインチェックにおけるネム盗難事件。個人的にはコインチェックに預け入れがなかったお陰で難を逃れた訳ですが、盗難されたネムに関しては同じ日本の取引所であるZaifに保有コインがあります。

今回はこのXEMを、公式で推奨していると言われる「Nano Wallet」を作成し、Zaifから送金しておこうかと思いチャレンジしてみたところ、余りに簡単だったので拍子抜けしてしまいました。

こんな簡単ならもっと前から作っておけば良かったかなと思いつつ作成方法のご紹介をしたいと思います。


まずは公式サイトで右上のMENUを選択。


そして左の欄にあるGet Walletを選択。


そうしますとこの画面になりますので、ご自分の使用OSを選択してダウンロード。

ちなみに私はMacを使用しておりまして、ダウンロード後にファイルを開きますとこのようになっており、ここでNanoWallet.appを選択してウォレットの作成に進みます。


NanoWallet.appを開きますと、まずはこのような画面になりますので、右上のLanguageからJapaneseを選択して日本語化。


するとこんな感じに。そして同じく右上のアカウント作成を選択。


ここでシンプルウォレットを選択。


準備できましたをクリック。


ネットワーク選択はデフォルトのMainnetのままで次へをクリック。


適当なウォレット名を入力して次へ


パスワードを決めて入力、次へ


スタートボタンを押してマウスカーソルが表示の100%になるまで動かします。


ゲージが100%になるとこのような画面になるので次へ


理解し同意しましたをクリック。


ウォレットをダウンロードするをクリックしてバックアッファイルをダウンロードし保存(PCが壊れては元も子もないのでクラウドやUSBなどへの保存をお勧めします)

ウォレットファイルの表示をクリックし、表示されたファイルをコピペで任意の場所へ保存もしておいた方がよろしいかと。

上記を終えたらウォレットファイルをバックアップしましたをクリック。


プライベートキーの表示をクリック。表示されたプライベートキーを同じくコピペ保存。

秘密鍵とパスワードをバックアップしましたをクリック。


私は全ての内容を理解し同意しましたをクリックして完成です。


表示されるこちらの画面でウォレットの選択からご自分で名付けたウォレット名を選択し、パスワードを入力してサインインしましょう。

こう書きますと随分長くなってしまって難しそうにも思えますが、実際には躓くところもなく簡単スムーズに「Nano Wallet」を作成することが出来ました。

またこちらのウォレットでは10,000XEM以上の所持でハーベストも出来るようですね。

次回はZaifからこのウォレットへの送金や、スマホアプリもあるので、そちらとの同期方法などを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

Translate »